support@bss-cloud.com(平日 9:00~17:00)
メールで問い合わせ(平日 9:00~17:00)

貸バス点呼機能

こちらの機能は3月リリース予定です

バラバラの点呼管理 一元化しませんか?

2023年10月10日 国土交通省より貸切バスの安全向上に向けた対策のための制度改正として以下の内容が発表となりました。
※詳しくはこちらをご確認ください。

  1. 輸送の安全に係る書面及び記録の保存期間の延長等
    一般貸切旅客自動車運送事業者には、運送引受書、手数料等の額を記載した書類、点呼の記録、業務記録及び運行指示書について1年間の保存義務があるところ、当該保存期間を3年間に延長します。また、点呼の記録については電磁的記録として保存することを義務付けます。

  2. 録音及び録画による点呼記録の保存の義務付け
    一般貸切旅客自動車運送事業者に対し、点呼を行った際の状況を録音及び録画(電話点呼については、録音のみ)して、その電磁的記録を90日間保存することを義務付けます。

  3. アルコール検知器使用時の写真撮影の義務付け
    一般貸切旅客自動車運送事業者がアルコール検知器を用いて運転者の酒気帯びの有無について確認を行う際に、(2)により録画をしている場合を除き、当該呼気の検査を行っている状況の写真を撮影して、その電磁的記録を90日間保存することを義務付けます。

  4. ディジタル式運行記録計の使用の義務付け
    一般貸切旅客自動車運送事業者は、その事業に使用する自動車の運行距離等を運行記録計により記録し、当該記録を保存しなければならないところですが、本記録をディジタル式運行記録計により行い、電磁的記録として3年間保存することを義務付けます。

  5. 安全取組の公表内容の拡充
    一般貸切旅客自動車運送事業者に、インターネット等で公表が義務付けられている安全取組の内容として、運転者に対して行う安全運転の実技指導を追加します。
点呼関係ここが大変!
点呼関係ここが大変!
録画、録音、写真撮影、電子保管
様々なツールを使って様々な管理が必要管理がバラバラに…
BSSロゴ

BSSでまとめて管理が可能になります!

点呼記録簿保管3年&電磁的記録への対応

一般貸切旅客自動車運送事業者には、運送引受書、手数料等の額を記載した書類、点呼の記録、
業務記録及び運行指示書について1年間の保存義務があるところ、当該保存期間を3年間に延長します。また、点呼の記録については電磁的記録として保存することを義務付けます。

対応方法※国交省発行:貸切バスの安全対策が変わりますパンフレットより
こう対応する
紙の点呼記録簿を点呼日から1週間以内に電子化し、PC等に保管する必要があります。
もしくは表計算ソフトで作成したものをPDFデータで保管。
ここが大変!
点呼記録簿をスキャン⇒保管する手間が大変
後から見返す時に・・・(命名規則、整理整頓)
BSSなら
点呼記録簿はクラウドに3年間保管、過去の記録も簡単に確認ができます
①点呼データは自動でクラウドに3年間保管
▶紙の点呼記録簿やExcelファイルのPDF化をする必要がありません。

②過去の点呼結果の呼び出しも簡単に
▶面倒な命名規則や日付分けは必要なく、自動で日付ごとに整理

点呼記録の録画への対応について

一般貸切旅客自動車運送事業者に対し、点呼を行った際の状況を録音及び録画(電話点呼については、録音のみ)して、その電磁的記録を90日間保存することを義務付けます。

対応方法※国交省発行:貸切バスの安全対策が変わりますパンフレットより
こう対応する
監視カメラ、スマホ、PC内蔵のWebカメラ等機器問わず、点呼実施者、運転者の映像と音声の両方が記録できる事。運転者が識別できる事。
ここが大変!
防犯カメラは運転者が識別できる位置?
後から見返す時に動画を探すのが大変
BSSなら
点呼動画は90日自動保管、点呼記録と紐づきでの確認が可能です
①点呼動画は自動でクラウドに90日間保管
▶バックアップで外付けストレージにも保管可能なため万が一でも安心

②点呼結果に紐づいて動画閲覧が可能に
▶点呼結果に動画が紐づいて閲覧可能、動画を探す手間がなくなります

自動点呼・遠隔点呼使用時も録画実施!

点呼記録の録音への対応について

管理者用アプリを使用する事で電話点呼録音を低コストで実施する事ができます。

20244月以降の電話点呼録音プランリリースまでは、以下の通り貸バス点呼アプリ(PC)での録音ー保管対応での対応となります。電話点呼録音プランリリース後も貸バス点呼アプリでの録音は継続利用可能

運転者側 管理者側
BSSスマートフォンアプリ
アプリ使用料無料
貸バス点呼アプリ録音機能

※録音できる人数については録画プランで申込して頂いた人数までとなります(クラウド側で設定)基本プラン最大10名、以後5名ごとに追加料金必要

操作手順

BSSスマホアプリでアルコール測定を実施
②測定データ送信完了後に通常の電話点呼を実施
③通話終了
▶管理者側で録音実施のため、それ以上の作業無し

操作手順

①運転者様から電話がかかってくる
②電話をスピーカーにする
PC側の貸バス点呼アプリを起動し録音開始
④手順に従い点呼を完了させて、通話終了&点呼終了
▶クラウド側に自動で音声データ&アルコールチェック時の写真保管

【20244月以降対応当面の間は貸バス点呼アプリ(PC)でスピーカー音声録音のみ対応

一般貸切旅客自動車運送事業者に対し点呼を行った際の状況を録音及び録画(電話点呼については、録音のみ)して、その電磁的記録を90日間保存することを義務付けます。

対応方法※国交省発行:貸切バスの安全対策が変わりますパンフレットより
スマートフォンアプリや通信事業者の提供するサービス

こう対応する
スマートフォンの録音アプリ、通信事業者が提供する通話録音サービス、電話のスピーカーフォンとボイスレコーダーで保存する等、録音方法は問いません。
ここが大変!
点呼都度録音の操作をする必要がある
後から見返す時にデータを探すのが大変
BSSなら
スマホアプリから
点呼執行者を呼び出すだけでクラウド側に自動で音声データが90日保管されます
音声データは自動でクラウドに90日間保管
▶面倒な録画操作無し、運転者が管理者に専用アプリで電話するだけで、自動的に音声を録音・保管をします。

スマホ側にも7日間録音データ保管で万が一でも安心
▶何かあった時もスマホ側に7日間データ保管で再送可能

アルコールチェック時の顔写真の撮影・保存について

一般貸切旅客自動車運送事業者がアルコール検知器を用いて運転者の酒気帯びの有無について確認を行う際に、(2)により録画をしている場合を除き、当該呼気の検査を行っている状況の写真を撮影して、その電磁的記録を90日間保存することを義務付けます。

対応方法※国交省発行:貸切バスの安全対策が変わりますパンフレットより
対面等:動画撮影で顔確認できればOK 電話:撮影&保管必須

こう対応する
点呼の動画内でアルコールチェック時の運転者の顔が容易に識別できる場合は改めての写真撮影は不要。電話点呼の場合は顔写真の撮影&保存は必須。
ドライブレコーダー等によるアルコールチェック時の映像でも代用可。
ここが大変!
ちゃんと顔が映っているか確認が必要
後から見返す時に動画や写真を探すのが大変
BSSなら
対面、電話ともに専用のアプリを使用する事でアルコールチェック時の写真を自動で保存(13か月)
対面・電話専用アプリでアルコールチェック時の写真撮影
▶専用アプリでアルコールチェック&点呼をする事で自動で写真が保管

②点呼データに紐づいて写真データが自動保存

事務所側点呼機器

貸切バスの安全性向上に向けた対策のための制度改正に対応するための機器構成となります。

BSSバス点呼対応セット
事務所側機器をセットにする事で簡単に始められるようにしました。(PC付きセットもご用意)

①貸バス点呼クライアントソフト(録画・録音用アプリ)
PCはセットに含まれておりません。PCにソフトをインストールする必要があります。・アルコールチェック機能
・アルコールチェック時撮影機能
・対面点呼 録画機能(最大10名)以後5名ずつ追加料金が発生します。
・対面点呼録画バックアップ機能(XX日目安)
制度改正に対応&一元管理するための必要な機器類
②アルコール検知器

③Webカメラ×2
その他アクセサリーセット

バラバラの管理になりがちな各種項目もBSSなら点呼記録に紐づいて一元管理が可能になります!

アルコールチェック
アルコールチェック実施時に写真撮影実施、測定結果と顔写真はクラウドに保管されます。

点呼開始ー終了まで
BSS点呼クライアントソフトで点呼開始すると自動的に録画開始します。点呼の手順を進めていく事で自動で点呼記録簿が作成されます。

撮影された動画は一旦PC(もしくはバックアップ用HDD)に保管の上クラウドに順次アップロードしていきます。
点呼終了後にクラウドに必要なデータを自動保管
BSSクラウドサービス
▶点呼記録簿の電子化・保存期限延長対応

点呼記録簿は電子化されてクラウドに3年間保管されます。
▶アルコールチェック画像保管90日

▶点呼時の動画保管90

電話点呼機器

バラバラの管理になりがちな各種項目もBSSなら点呼記録に紐づいて一元管理が可能に!管理者は今まで通り電話で点呼が受けられるので、運用の変化が少なくなります。

アルコールチェック
アルコールチェック実施時に写真撮影実施、測定結果と顔写真はクラウドに保管されます。

電話点呼開始ー終了まで
専用アプリで管理者へ電話すると録音が開始されます。管理者はクラウド画面へ点呼記録を入力します。

アプリからの通話が終了後、スマホに自動的に保管の上クラウドへ送信
点呼終了後にクラウドに必要なデータを自動保管
BSSクラウドサービス
▶点呼記録簿の電子化・保存期限延長対応
▶アルコールチェック画像保管90


▶点呼時の動画保管90

管理者様・運転者様の電話点呼用端末について

BSS自動点呼・遠隔点呼をご利用のお客様について

自動点呼・遠隔点呼を使用時もバス点呼オプションを使用する事で今回の貸切バスの安全対策に対応する事ができます。

自動点呼の場合
現在の自動点呼機能に加えて、自動点呼をしている所を録画する機能が追加されます。
追加される機能

追加で必要なハードウェア

▶自動点呼貸し切りバス安全対策アップグレードキットで設定

②遠隔点呼の場合
現在の自動点呼機能に加えて、自動点呼をしている所を録画する機能が追加されます。
■追加される機能

■追加で必要なハードウェア

※カメラ位置にご注意下さい
運転者側遠隔点呼用カメラを対面点呼時の録画に使用予定
▶遠隔点呼貸し切りバス安全対策アップグレードキットで設定 

価格について

貸バス点呼規制対応スターターパック

※表示価格は全て税抜き表示となっております。

初期費用 180,880 ・アルコール検知器AC-015(マウスピース5本入り)

・Webカメラ×2(点呼撮影用、アルコールチェック用)

・バックアップ用HDD(2TB) ・USBセルフパワーハブ

アルコール検知器のメンテナンス月額費用が別途必要(1,000円/月)(12,000円/年)

費用(10名まで) 10,000円(月額)
120,000円(年額)
点呼記録簿3年保管⇒人数無制限
対面点呼動画保管90日⇒10名まで(以後5名ごとに追加必要)<注意点>
IT、遠隔、自動点呼は別途契約必要
運転者台帳で動画保管チェックを入れていく形
(契約人数分しかチェックできない)
クラウドログインIDは付与されませんので1個以上ID必要な場合
別途契約が必要(1IDは申込時に無償で付与されます)
費用(5名追加) 3,000円(月額)
36,000円(年額)
オプションBSS用専用PC 270,000 ・お申込みのBSS各種アプリケーションのインストール
・ハードウェアのセットアップ済のPCが出荷されます。
その他オプション契約 追加ライセンス(ログインID
2,200(月額)
26,400(年額)

IT・遠隔・自動点呼オプション

8,000(月額)
96,000円(年額)

自動点呼オプション

3,500(月額)
42,500円(年額)

 

貸バス点呼のアプリでの録音を実施する場合(電話をスピーカーにして録音)

※表示価格は全て税抜き表示となっております。

お手持ちのアルコール検知器を使用

初期費用

0 ・アルコール検知器については既にお持ちのものの利用も可能

※ただし測定時の撮影はドライバー様自身での手動撮影となります。

アルコール検知器初期費用 ※別途検知器の年額費用が発生します
AC-018 35,000円~ ・測定回数10,000回もしくは1年に1回どちらか先で交換必要
複数人で使用する場合にオススメのモデルです。月額2,400円/年額28,800(次年度交換品が自動で到着)
AD-01 19,500円~ ・測定回数1,000回もしくは1年に1回どちらか先で交換必要
個人で使用する場合にオススメのモデルです。月額1,180円/年額14,160(次年度交換品が自動で到着)
月額費用 0 ・事務所側の録画ライセンスと共用のためスマホ側の月額費用不要

スマホアプリはBSSにお申込みいただいたら無償で使用可能

 

このページのトップへ